• コンセプト
  • メニュー
  • ヘッドスパ
  • スタイルギャラリー
  • スタッフ
  • 出勤表
  • 店舗案内
ホーム>モデスト + N スタッフブログ>シリコン ノンシリコン
モデスト + N スタッフブログ

シリコン ノンシリコン

近頃、ノンシリコンシャンプーって何?シリコンってそんなに悪いのなどという質問をお客様から聞かれるので、

ちょっと書いてみようかなと思います。

 

そもそも、シリコンって何??なんで入ってるの??

シリコーン (silicone) とは、シロキサン結合による主骨格を持つ、人工高分子化合物の総称である。 語源は、ケトン炭素原子をケイ素(=si)原子で...。。。というのは置いておいて

すごく簡単にいうと ”油” です。

髪の表面に付着して皮膜を作るので、手触りを良くしたり艶を与えてくれる効果があります。

また、シャンプー時に指通りを良くして、髪の摩擦を減らし髪に与えるダメージを減らすという効果があります。

 

次に、身体に悪い物ですか??

これもよく聞かれますが、身体にはほぼ ”無害” です。

とても、身体には悪そうなイメージなのですが、、、

シリコンの毒性についての研究では、いずれの場合も毒性があるという結果には至らなかったそうです。

イメージばかりが先攻しているオーガニックの方が物によっては身体に悪かったり、、、。

”シリコンで毛穴が詰まる”という話も実は科学的根拠は無いんです。

また、それよりもどんなシャンプーやトリートメントにしても”流し残し”の方が毛穴を詰まらせてしまいます。

 

しかし!!

使われている量が多かったり、シリコンの種類によっては、髪の表面をがっちりコーティングしすぎてしまい

カラーやパーマのかかりを邪魔したり、

シャンプー時やブラッシングの力でシリコンが落ちる時一緒にキューティクルを剥がしてしまい髪にダメージを与えてしまいます。

このようにメリットとデメリットがあります。

つまり、問題なのは

どんな種類のシリコンが使われているのか?(髪に付着してなかなか落ちない物か?簡単に落とせる物か?)

どれくらいの量が使われているのか?

そこが重要なのではないかなと思います。

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.modeste-n.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/34